日本に迫る危機

今の日本は何かがおかしい。日本は明治維新に植民地化の危機を切り抜け、工業国として生まれ変わり、敗戦も乗り越え経済大国として復活しました。苦難と危機を乗り越えてきた日本ですが、消滅の危機が迫っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎の逮捕容疑は「恐喝罪」

小沢一郎の逮捕容疑を予想してみたいと思います。唯の妄想です。悪しからず。

小沢一郎は金権腐敗政治の先輩達(田中、金丸など)が「贈収賄」容疑で逮捕、起訴され有罪になってきたのを見てきています。同じ集金システムで金権腐敗政治を行えば、田中、金丸と同様に「贈収賄」で逮捕・有罪にされてしまうのは目に見えています。

そこで小沢一郎は「絶対に贈収賄で捕まらない献金システム」を考えました。

TV、新聞などのマスコミは一般的な政治家が逮捕・起訴される「政治資金規制法」と「贈収賄」での逮捕・起訴に注目していますが、小沢一郎の献金システムは「政治資金規正法」や「贈収賄」は適用できません。民主党とマスコミ御用達の元東京地検検事の言う通り「政治資金規正法」や「贈収賄」での起訴は、素人の私でも難しいのではないか、と予想できます。

小沢一郎の強気の発言には「政治資金規正法」や「贈収賄」で絶対に捕まらない献金システムへの自身があったのでしょう。だからこそ、あれほど不敵かつ堂々と「不正は一切行っていない」と断言し、代表辞任を拒否していると考えられます。

検察の誤算だ、とする人たちは沢山います。しかし、誤算しているのは、騒ぎ立てている人たちの方でしょう。

検察が何故小沢一郎にターゲットを絞っているには理由があると考えています。それは、小沢一郎の「絶対に贈収賄で捕まらない献金システム」に理由があります。

今まで明らかになってきている関係者の証言や証拠を素直に見てみると小沢一郎の逮捕容疑が見えてきます。

1. 西松建設、そのほかのゼネコンからは「小沢一郎に意地悪され、入札を妨害されるのが怖かった」と証言が得られている。
2. 少なくとも小沢一郎は西松建設に献金の請求書を送っており、小沢一郎自身も認めている。

この2つの事実を良く見てください。「絶対に贈収賄で捕まらない献金システム」とは「お金を払った事により、利益を供与するシステム」ではなく、「お金を払ったことにより、不利益を受けないシステム」になっていることが分かります。

一般的にこのような行為は「恐喝」と呼ばれています。

小沢一郎は「絶対に贈収賄で捕まらない献金システム」を作る、そのことだけに着目したため「恐喝罪」が適用されてしまうシステムの欠陥を見落としていました。

小沢一郎の逮捕容疑は「恐喝罪」に違いありません。


民主党は国家・国民の為の政党ではありません。官僚政治を打破する事が日本を良くする、としています。確かに官僚政治による弊害はありますが、政治家主導というより政治家が勝手を行える政治が良い結果を生むでしょうか?

民主党は日本国民に利益を与えるどころか、日本国を破滅させる法案に賛成し、政権をとったら必ず実行します。以下の法案、政策は全く日本と日本人の利益になりません。

* 外国人参政権
* 人権擁護法


外国人参政権、人権擁護法は憲法違反である可能性が濃厚な法案ですが、政権をとれば憲法論議などせずに、さっさと成立させるでしょう。

ご存知の通り、日本は侵略国家に囲まれています。日本の領土を奪取し、富や資源などを搾取しようとする国ばかりです。このような状況で、外国人に参政権を与え、外国人が与える社会への悪影響に対する言論を弾圧する人権擁護法を成立させたら、どのような結果を生むか小学生でも分かります。

これだけではありません。この上、「大量移民」を受け入れ、「地方主権の地方分権」を行う、としています。

* 外国人参政権
* 人権擁護法
* 大量移民
* 地方主権


移民1000万です。多くの都道府県は100万人から200万人の人口しかありません。外国人参政権と人権擁護法で、日本国の家主である日本人が肩身の狭い思いをし、外国人の身勝手な横暴であっても思い通りにまかり通ります。民主党政権は日本を分断し、外国人に売り渡す亡国政権であることは明らかです。

今の日本と同じ、暮らしやすい国(日本は世界で一番暮らしやすい国。少なくとも今の日本は日本人にとって世界で一番暮らしやすい国であると断言できます)を子供達に残したいと願っています。

民主党政権は暮らしやすい日本を確実に破壊します。証拠を元に論理的に考えれば、民主党の政策は日本を破壊することが理解できます。

子供達に明るい未来を残すためには、絶対に民主党に政権を取らしてはなりません




子供達に今の日本と変わらない、暮らしやすい日本を残したい!
サヨクとリベラルの偽善、外国の侵略から日本を守らなければなりません!
日本滅亡の危機が迫っています!
日本国民以外に日本を守れません!


人気ブログランキングに投票




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小泉さん、これが本当の最後の御勤めですよ(その四)

リーダーの欠如と優秀な労働者の問題は、企業レベルでも同じことが言えるようで、日産を立て直したゴーン氏がかつて述べたことがあります。「いろんな国で、いろんな会社を立て直した...
プロフィール

AW

Author:AW
子供たちに今の形の日本を残したい、その思いでこのブログを始めます。

今、日本は戦後最大の危機的状況にあります。危機的状況であるにも関わらず、鍋で茹でられる蛙のように危機に気付いていない状況です。

私は政治/経済/歴史の専門家ではありません。しかし、なぜ今危機的状況なのか気が付いた事を書いていきます。

メール: aw24218@gmail.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。