日本に迫る危機

今の日本は何かがおかしい。日本は明治維新に植民地化の危機を切り抜け、工業国として生まれ変わり、敗戦も乗り越え経済大国として復活しました。苦難と危機を乗り越えてきた日本ですが、消滅の危機が迫っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人はマスコミの偏向報道にも関わらず正しい判断をしている

内閣府による「防衛問題に関する世論調査」が公開されています。
http://www8.cao.go.jp/survey/h20/h20-bouei/index.html

マスコミは日本に対する隣国の侵略行為や軍事的な威嚇と脅威を全くといってよいほど報道しません。中国の調査船が尖閣諸島海域を長時間領海侵犯した際に、国防・主権にとってどうでもよい米国でのF18墜落事故は写真付きで報道しても、領海侵犯は全く報道していない新聞もありました。 

日本の平和団体は日本を守る軍事力、自衛隊と米軍、にだけ抗議活動を行います。日本に対する軍事的な威嚇行動など取っている軍隊、中国、ロシア、韓国、北朝鮮、には抗議行動を全く取りません。マスコミもそういった活動ばかり取り上げています。

中国、ロシア、韓国による領空侵犯、中国の日本へ向けた核弾道ミサイル、日本へ向けた核ミサイルを搭載した中国の原子力潜水艦に領海侵犯(領海とは陸地からたったの20kmちょっと)、中国駆逐艦による津軽海峡横断など、日本を軍事的に威嚇する行動に全く抗議しません。マスコミもほとんど報道しないので、実体を知らない日本人ばかりです。

日本を守る米軍の艦船の入港には大規模な抗議活動を行いますが、日本を侵略している中国の艦船の入港には全く抗議活動を行いません。あまりにもあからさまで失笑してしまうほどです。

「九条の会」などの外国のスパイ団体か、と疑われて当然の自称「平和団体」の反日・日本弱体化工作とマスコミの激しい偏向報道にも関わらず、日本人は正しい判断をしているので安心しました。

日本の安全を守るための方法

「日本の安全を守るための方法」によると77%の日本人が日米安保によって日本を守るべきだ、としています。これは新聞やTVの論調とかなり異なる結果ですが、日本の安全と存続には欠かせない判断です。

反日スパイ工作、マスコミの偏向報道など必死の世論誘導にもかかわらず、日本国民は明確に日米安保による安全保障体制を求めているのです。

いつもは世論が、世論が、と都合の良い世論だけをつまみ食いしている野党の皆さんは「世論」を尊重して「日米安保」「自衛隊」「米軍」を機軸とした日本の防衛を真剣に考えていただきたいものです。




子供達に今の日本と変わらない、暮らしやすい日本を残したい!
サヨクとリベラルの偽善、外国の侵略から日本を守らなければなりません!
日本滅亡の危機が迫っています!
日本国民以外に日本を守れません!


人気ブログランキングに投票


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

AW

Author:AW
子供たちに今の形の日本を残したい、その思いでこのブログを始めます。

今、日本は戦後最大の危機的状況にあります。危機的状況であるにも関わらず、鍋で茹でられる蛙のように危機に気付いていない状況です。

私は政治/経済/歴史の専門家ではありません。しかし、なぜ今危機的状況なのか気が付いた事を書いていきます。

メール: aw24218@gmail.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。