日本に迫る危機

今の日本は何かがおかしい。日本は明治維新に植民地化の危機を切り抜け、工業国として生まれ変わり、敗戦も乗り越え経済大国として復活しました。苦難と危機を乗り越えてきた日本ですが、消滅の危機が迫っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インカ帝国と日本 - 類似する滅亡への道

インカ帝国はスペインのピサロによって滅ぼされました。大量の軍隊を送って征服したのではなく、ごく少数の軍隊を用いて帝国を滅ぼしたのです。

滅亡直前のインカ帝国の状況と今の日本の状況は類似しています。

侵略軍はキリスト教布教の為の平和的な行為だと嘘の書簡を出した。疑うことをしらないインカの人々は騙され、侵略軍は大歓迎されながら首都に乗り込んだ。侵略軍は財宝と引き換えに皇帝の命を助けるとして、帝国中の財宝を集めさせたがそれも嘘。財宝を奪った後、皇帝は民の前で殺されています。

インカ帝国の敗因は、外来者に対する対敵共認の不在にあり、特にインカ帝国の周辺部では掠奪集団をも歓待する本源集団が存在しており、採取部族と共通項を持っている。ただ採取部族との違いは、他部族に支配されているという境遇にある点ですが、警戒心の塊になるほどの集団破壊はなく、承服しがたいが力では適わないので従っておくしかないか、くらいの被支配であったのだろう。ピサロ軍を解放軍と見誤った可能性もある


http://www.kodai-bunmei.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=72444

今から百年後には歴史家が日本滅亡の歴史を

日本の敗因は、外来者に対する対敵共認の不在
掠奪集団をも歓待する反日サヨク・反日リベラルが存在
シナ軍を解放軍と見誤った可能性もある


と評価するのではないか、と危機感を持たなければなりません。

日本を守る軍事力だけ抗議する反日サヨク、日本を侵略している国の悪事を隠し、持ち上げるだけのマスコミ、平気で日本の国益や主権を売ろうとする多数の売国議員。日本はもう既に外国の侵略勢力のスパイ工作団体やスパイ工作員に半分支配されている状態です。

本気で日本壊滅を目論んでいる人たちには腹は立ちません。彼らは単純に敵なのです。敵が攻撃してくるのは当たり前のことであり、いちいち腹を立てても仕方ありません。腹が立つのは


日本の敗因は、外来者に対する対敵共認の不在
掠奪集団をも歓待する反日サヨク・反日リベラルが存在
シナ軍を解放軍と見誤った可能性もある


このような事実を正しく認識せず、よろこんで日本を破壊・滅亡させる行動に参加している日本人が多数いることです。自分の子供やその子供をチベットや東トルキスタンのような状況に追いやりたいのですか?

中共は日本人の人口比に換算して、東トルキスタンの20歳から25歳の女性約100万人を毎年強制連行しています。東トルキスタンから遠くの場所に連れて行き奴隷のように働かせ、売春させています。

こんな未来を望んでいる日本人が沢山います。憲法9条など守って喜ぶのは日本を破壊したい勢力だけです。スパイ防止法に反対しているのは日本を侵略したい勢力だけです。




子供達に今の日本と変わらない、暮らしやすい日本を残したい!
サヨクとリベラルの偽善、外国の侵略から日本を守らなければなりません!
日本滅亡の危機が迫っています!
日本国民以外に日本を守れません!


人気ブログランキングに投票
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/18(水) 01:03 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/02/21(日) 20:37 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

AW

Author:AW
子供たちに今の形の日本を残したい、その思いでこのブログを始めます。

今、日本は戦後最大の危機的状況にあります。危機的状況であるにも関わらず、鍋で茹でられる蛙のように危機に気付いていない状況です。

私は政治/経済/歴史の専門家ではありません。しかし、なぜ今危機的状況なのか気が付いた事を書いていきます。

メール: aw24218@gmail.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。