日本に迫る危機

今の日本は何かがおかしい。日本は明治維新に植民地化の危機を切り抜け、工業国として生まれ変わり、敗戦も乗り越え経済大国として復活しました。苦難と危機を乗り越えてきた日本ですが、消滅の危機が迫っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法務委員会に重国籍容認を求める請願が多数登録されている

法務委員会に重国籍を認める請願が多数登録されています。

国籍選択制度の廃止に関する請願
成人の重国籍容認に関する請願
重国籍容認に関する請願
国籍選択制度と国籍留保届の廃止に関する請願

国民は国と運命を共にする運命共同体です。国際結婚の夫婦の間に生まれた子は国籍選択が必要となります。

重国籍を認めると国民の帰属への問題が発生するとともに、日本国籍だけを持つ人に比べ著しい差別を生みます。

たとえば、戦争になった場合、国は国民を保護する義務があります。アメリカ国籍を持っていれば、アメリカに保護してもらえます。平常時においてもアメリカは海外に住むアメリカ人にも給付金を配布しています。アメリカ国籍も持つ人であれば、アメリカと日本の両方の給付を得られます。

重国籍は生まれながらの特権と認めることになります。これは著しい差別といえます。

重国籍を認めろと要求することは重婚を要求することと同じです。日本や欧米では重婚は認めていません。結婚相手の女性・男性を選べないから重婚を認めろ、国籍を選べないから重国籍を認めろ、は同じ論理です。

重婚が一夫一婦制の家族社会を破壊するのと同じで、重婚は国家を破壊すると同時に中国などの全体主義国家に侵略を許すこととなります。

重国籍に絶対反対です。保守陣営は今から重国籍反対の論陣を常に張っておかなければ、国籍法改悪の悪夢がまた繰り返されます。

大量の外国人犯罪者が日本への居留が認められている

朝日新聞の報道によると、毎年1万人ほどの犯罪者が日本への居留を認められているそうだ。

在留特別許可は、強制退去処分が出ても、法相が本人・家族の状況や人道的配慮の必要性などを総合的に考慮して、個別に滞在を認める制度だ。法務省は06年、ガイドラインを公表した。07年までの5年間で年に7千~1万3千件程度認めており、希望者の8~9割前後が許可された計算になる。


http://www.asahi.com/national/update/0309/TKY200903090335_01.html

これは非常に大きな問題だ。一般的に犯罪者の再犯率は非常に高く、エスカレートするケースも少なくない。日本国民の生命と財産の保護義務がある日本政府は、日本国民の人権を第一に考えなければならないにも関わらず、大量の犯罪者に特別在留許可を与えている。

これは決して許されない。日本国政府による責任の放棄だからです。

外国人には日本に来る権利や、住む権利はありません。日本人の都合によって来たり、住んだりすることを拒めます。これは日本国は日本人の家であり、外国人は来客か居候だからです。少なくとも先進国では世界中どこの国でも外国人が自由に入国でき、住める国などありません。こんな自由を認めたら自国民の生活や権利を守れないから当然です。

あなたは他人に自分の家をどうぞ自由に使ってください、といいますか?泥棒されてもまたお越しください、土足で部屋に上がりこみ汚していくような人にもまたお越しください、などと言いますか?

日本国政府は外国人犯罪者の再入国を認めるな!

なぜ今、日本は消滅の危機に瀕しているのか?

なぜ日本は消滅に危機なのか?私が説明する必要もありません。以下のキーワードで検索すると反日勢力、侵略勢力が何を行おうとしているのか判ります。

民主党政権に反対

反日

日本開放工作

沖縄ビジョン
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2005/09/post_45c4.html

真偽の程は反対・賛成両方の意見を現状を理解すれば、おのずと判明します。
「日本を守りたい派」と「そうでない派」の二つの分類できる、と理解すると判りやすいです。

「日本を守りたい派」にも事実誤認やデマを信じているケースもあります。しかし、この分類に人たちは概ね資料や事実に基づいた議論を行っているのが特徴です。多少、潔癖症すぎで自分の意見と異なる部分があると攻撃的になってしまう方も多いようですが、真面目さの裏返しです。

「そうでない派」にはいろいろいます。善良なリベラリストだが能天気(理想だけを追い求め、危険を無視)な人もいますが、嘘・捏造もへっちゃらの人、完全な外国の傀儡までいます。

実例として従軍慰安婦の嘘を紹介したブログを紹介します。
反日左翼の皆さんへのご回答、韓国人売春婦の記事に付きまして

この他にも、日本で裁判を起こした金学順は「従軍慰安婦として日本軍に強制連行された」と言っていたにも関わらず、裁判になると嘘が突き通せないことが確実なので訴状に「親が金で売った」と書いています。

従軍慰安婦には今の金額にして数千万円から億単位の報酬が与えられていました。強制連行などではなく「高級娼婦」でした。

それだけではありません。韓国では70年代まで人身売買が一般的に行われていたと言われています。金学順が親に売られたとしても韓国人と韓国政府に日本軍の行為に苦情を言える資格があるのでしょうか?全く無い。

火の無い所に火を炊き付けたのが嘘も捏造も当たり前のサヨク勢力です。サヨク勢力には嘘と捏造による工作が文化として残っています。自分たちの「正しい考え」を実行する為には一般市民が死んでも構わない、とする革命思想が根本にあるからです。サヨクが偽善者ばかりなのはこれが理由なのです。従軍慰安婦、強制連行、南京事件、事実無根とする証拠が多数あるにも関わらず嘘と捏造の証拠(嘘と判明している物が多数)を元に今でも事実だと主張しています。

さすがに強制連行の大嘘はつくろいきれなくなり、今ではほとんど聞かなくなりました。

意見を読む場合、意見が事実に基づく意見であるか?
意見は論理的に組み立てられているのか?
感情論で意見が構成されていないかのか?
理想論で現実を無視していないか?
意見を一般化すると社会問題化しないか?
外国での類似の政策を挙げている場合、同じ条件が日本や周辺国に当てはまるのか?
本当に得をするのは誰か?

など考慮しながら理解すれば偽善者ばかりのサヨクに騙される事はありません。

サヨクは自由・人権・平和をキーワードとした偽善を堂々と行っています。冷静、論理的に考えれば偽善は悪である事が分かります。

サヨク思想の持ち主全てが悪人とは言いません。善良な方も多いことも知っています。しかし、中心にしる者たちは偽善者の悪人です。偽善者は詐欺師と同じです。良いことを行っているように思わせ、日本を破壊する活動を手伝わせています。

サヨク思想の中心や政治にいる者たちは、日本人を誘拐した北朝鮮が悪いのではなく日本が悪い、歴史が政治問題化するのは日本に原因がある、と繰り返し主張しています。そして、多くの日本人が騙され、日本を壊す方向の思想教育が正しい、と勘違いしています。

日本は思想侵略が完了しています。民主党政権で政治侵略が開始されます。民主党は「拉致など無い」と拉致問題捜査を徹底的に妨害した「社会党と同じサヨク」政党です。

民主党政権には絶対に反対しなければ、日本消滅へのレールが引かれることになります。保守派が多い自民党は次の選挙で負けるでしょう。しかし、負け方が問題です。民主党が党是とする日本を壊す政策を潰すか、無力化するだけの力を持たないと本当に日本は溶けてなくなります。



西村議員がパチンコ換金完全違法化法の請願を推薦!

名も無き市民の会がパチンコ換金完全違法化の請願を提出し、改革クラブの西村眞悟議員が推薦しています。

パチンコは北朝鮮の核・ミサイル開発の資金源となり、日本での工作活動の資金源になっています。拉致問題とパチンコには深い関係があると言ってよいでしょう。

反日国家が日本を恫喝するための核開発の資金源となるだけでなく、嘘と捏造の強制連行、従軍慰安婦問題のプロパガンダ活動の資金源にもなっています。

さらに依存性の高いパチンコにより、たくさんの幼い子供たちの命が毎年パチンコが原因で失われています。親にも問題がありますがパチンコには高い依存性が確認されており、一種の病気と言っても良いような症状が見られます。

お隣の韓国ではコンビニよりも数が多かったパチンコを違法化し、完全に撤去しました。にも関わらず韓国の大統領は民主党の小沢代表に、日本のパチンコ業界が大変なので支援してほしい、と頼み小沢代表は了解しています。韓国大統領の恥知らずな依頼にも怒りを覚えますが、韓国で社会問題となり禁止しているパチンコ業界の支援を依頼され、「はいそうですか」と受け入れる日本の政治家はどこの国民の為に政治をしているのでしょうか!

パチンコ換金完全違法化を強く支援します。

各府省への政策に関する意見・要望

仕事が忙しすぎてブログを更新できません。しかし、政府や自民党への意見・要望は時々送っています。その内容をブログに書くことにします。

各府省への政策に関する意見・要望
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

文部科学省が学校法人の許認可の要件を緩和し、都道府県に「私設学校」であるブラジル人学校を支援するように指導する、とした報道に対する意見を送付しました。

-----------------------------
財務省は文部科学省の予算を削減すべき。

ブラジル人学校は日本の教育システムと全く無関係な上、日本国籍を持たない外国人の為の「私設機関」です。外国人であっても公立学校に入学できる、不法残留の子供でさえ入学できる日本において、国民にたいする背任行為です。

さらに日本人に対しては無償奨学金を作っていないにも関わらず、外国人に対しては毎年200億の血税を浪費している。呼び寄せた外国人留学生は勉強もせずバイト。今までさえ日本語がおぼつかなかったのに、中国語と韓国語で試験。これでどうやって日本で学べるのか?日本では中国語や韓国語で大学の授業はしていない!怒りを通り越してあきれ果てる税金の無駄使いです。

これらの国民に対する背任行為を行う文部科学省に予算は減らすべきです。

財務省は予算を減らし、内閣は文部科学省の愚行を修正せよ。
プロフィール

AW

Author:AW
子供たちに今の形の日本を残したい、その思いでこのブログを始めます。

今、日本は戦後最大の危機的状況にあります。危機的状況であるにも関わらず、鍋で茹でられる蛙のように危機に気付いていない状況です。

私は政治/経済/歴史の専門家ではありません。しかし、なぜ今危機的状況なのか気が付いた事を書いていきます。

メール: aw24218@gmail.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。